HOME > 活動内容 > 勉強会(剛のあれやこれや)


草加山の会では、会員の技術力向上に加え、山岳宗教や山に関連する歴史、著名な登山家について勉強会を開催し、山に対する全体的な造詣を深める活動をしています。

本資料は、当会のリーダー部長である松浦氏が勉強会資料として製作した文章や、会報への寄稿文の過去の一部です。 名付けて「剛のあれやこれや」。

◆例会を見学したいと思った方はこちらよりお問い合わせください。

 

過去の勉強会・会報寄稿文の紹介

 

(1)ピッケルについて

(2)日本近代登山の父「ウオルター、ウエストンさん」について

(3)エベレスト登頂50周年記念について

(4)日本に於ける「岩登り技術書」の歴史について

(5)尾瀬の自然保護と武田久吉博士

(6)山の画文集について

(7)山岳雑誌の歴史「戦後編」

(8)ヒマラヤを駆け抜けた男 山田昇

(9)江戸のアルピニスト「播隆上人の槍ヶ岳開山」

(10)戦前におけるヒマラヤの開拓

(11)第2次RCCの活動と歴史

(12)「霧の旅会」による低山ハイキングのはじまり

(13)「高く遠い夢」70歳エベレスト登頂記

(14)著名人と山

(15)ラインホスト、メスナーは真の「超人的アルピニスト」か

(16)登山史上の巨人・ワルテル・ボナッティーについて

(17)志水哲也「青春の山」

(18)戦前・戦後に於ける谷川岳の遭難について

(19)軍刀利沢の遡行

(20)井上靖の小説「氷壁」とナイロンザイル切断事件

(21)新田次郎「槍ヶ岳開山」の「うそ」と真実

(22)「山とスキー」と山岳雑誌について

(23)日本の登山の歴史 NO1

(24)日本の登山の歴史 NO2

(25)日本の登山の歴史 NO3

(26)日本の登山の歴史 NO4

(27)日本百名山について

(28)山と文学について

(29)なぜ女房を山の神と云うのか?

(30)小説「剣岳・点の記」と映画の真実

(31)甦る天才クライマー小川登喜男

(32) 登山計画の立て方