まだまだ沢登り 越後の三国川黒又沢日向沢へ

何年越しのナルミズ沢の予定だったが、谷川付近の天気が良くなく好天の見込める新潟へ転身。朝、谷川付近が雲と少し雨だったが関越トンネルを抜けるとスカッと青空が広がっていた。沢日和とはこのことだ。

三国川黒又沢日向沢、三国川は”みくにがわ”ではなく”さぐりがわ”と読みます。日向沢のある日向山の先には中ノ岳がある越後の沢。中ノ岳がこの時期紅葉が見ごろからか登山口のスペースは既に満車に近い状況でかろうじて止められた。駐車スペースから入渓まで15分と近いのがこの沢のいい所です。

遡行開始も全体的に水量は少ない。10m以上の大きなスラブ滝が何本もあり、小滝も連続していて意外に飽きない。そして久しぶりに草付きを頼る登りをしてなかなか楽しかったかも。

数か所を除き水に浸かるのは足だけに近く、真夏は標高の低さもあり地獄だろう。紅葉が全然進んでなくて、10月下旬ぐらいがこの沢の入渓としてベストなのではと思いました。水に浸からなければ、今シーズン何本か沢登りできそうな手ごたえがあったので、次はどこ行こうか考えよう。

記:YAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です