登攀講習会に参加しました(初級編)

飯能市にある平戸の岩場にて、埼玉県山岳連盟の登攀講習会が行われました。
10月の天気の良い日でしたが、陽の当らない岩場のためとても寒く、フリースとジャケットを着ての参加となりました。私が受講したのは初級の講習で、講師は日本スポーツ協会公認 山岳上級指導員 鈴木一美さん。受講生は10名程でした。

最初に登攀に必要な装備の説明があり、続いてロープの結び方の練習。
基本的なロープワークを学びます。

  1. フィギアエイトノット
  2. プルージック
  3. クレイムハイスト
  4. マッシャー
  5. クローブヒッチ
  6. シートベント 

こちらはプルージックをメインロープに補助ロープを結束中

練習の様子。 みんな真剣です。

簡易ハーネスの作成

120cmのスリングを使って簡易ハーネスを作ります。
胸の前でシートベントを結び、カラビナを付ける。

縦走路から滑落したことを想定し、引き上げを行いました。
先ほど作成した簡易ハーネスを使用します。

今回は基本のロープワークが中心の講座でしたが、私は始めて知る結び方も多く、身につくまで繰り返し練習して、実際に山で使えるようになりたいと思いました。
その他、三点支持やくさり場の通過の仕方など、為になる話を聞くことができて、とても勉強になりました。
興味のある方は、次回ぜひ参加してみてください!

記:きしちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です