南ア南部 光岳~上河内岳から眺める富士

日本一高い富士山は登るより見る山だと常々思います。その独特の形は一目ですぐに富士山とわかり、標高が高いので遠くの山からも視認できます。
山に登って富士山が見えるととても幸せな気分になりますね♪
と言うことで、山から眺める富士山のカテゴリを作りました。

今回は7/14-16の3連休に南ア南部の光岳~易老岳~仁田岳~茶臼岳~上河内岳と周回してきた時に見た富士山です。

まずは2日目早朝 光小屋からの富士山

前の山はイザルヶ岳ですね。イザルヶ岳からもきっときれいな富士山が見えるでしょう。今回が通過時ガスのためカットしました。

3日目早朝 茶臼小屋からの富士山

テン場からのイイ感じに富士山が見えてお勧めです。

3日目早朝 茶臼岳~上河内岳の稜線からの富士山

茶臼小屋を後にして15分位登り返すと茶臼岳~上河内岳の稜線に出ました。そこで1枚。

3日目 上河内岳からの富士山

山頂の道標と一緒に。

山頂から富士山のみ。

3日目 南岳からの富士山

手前の左側が笊ヶ岳、その隣のたおやかなのが布引山かな。
今回のルートでは一番最後に見えた富士山です。

南ア南部からも結構大きく富士山が見えて感動します。聖岳、赤石岳、荒川三山、塩見岳からもなかなか素晴らしい富士山が見れますよ~。

記:YAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です