栂海新道で北アルプスから日本海へ

北アルプスから日本海を目指す栂海新道は歩きたいルートの1つでした。2017年白馬から目指そうとして1日目白馬で天候不良のため断念し、今回若手のAくんが北又からの栂海新道に行くというので同行させてもらいました。

1日目は朝日小屋までとしてました。小屋付近はもう秋色で草紅葉が始まっています。

2日目が小屋から1時間ほど歩き6時に朝日岳に到着。360度の大展望を楽しむ。

いよいよ栂海新道の縦走です。

若干風が冷たいが展望が良く草紅葉の山容が素晴らしい。

一番美しいと思ったのが黒岩平。まるで箱庭のような整った景色です。

サワガニ山までは穏やかな登山道でしたが、様相が変わりアップダウンのある尾根歩き。ここらで雲が出てきて展望はなくなってきた。

その後14時以降雨に降られながら白鳥小屋に到着して2日目も終了。

3日目朝、天気は快晴。4時間の下りを経て親不知にたどり着いた。

最後の階段を降る。そこには日本海が広がっている。

標高2000m以上の北アルプスから海抜0mの日本海に降り立った。

海水に浸かり火照った体を冷やし、体の中は達成感で一杯だった。

これだから登山はやめられない。

記:YAMA

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です