黒部源流 赤木沢遡行

9/10から2泊3日にて北アルプスの黒部源流に行ってきました。

以前この山域を歩いた際に稜線に詰めてくる方がいて声を掛けたら沢登りだと聞き、いつか遡行してみたいと思っていた赤木沢で、ようやく念願がかないました。

折立から入り1日目は薬師沢小屋まで。2日目が遡行日ですが朝から雨。9時位から雨はやみそうとの予報を見て1時間ほど小屋で待ったが、これ以上待機すると太郎平小屋への到着が暗くなるので8時に出発する。今年はこの山域の水量は少々多めなのようで一部泳ぎは厳しく高巻く箇所もあったが、曇天にも関わらず青い渓相の美しさに驚嘆しながら歩いた。

 

 

10時頃赤木沢出合に到着

水量豊富、陽光が無くても本当に美しい沢の色、開けた沢、スケールの大きい滝もロープ無しで登れるとYAMAが今まで遡行した沢の中でも随一の景色です。

惜しむらくは、晴天、もう少し暑い時に来たかった。最後の詰めがガスっていて、少々しょぼーんだったと水が冷たくて泳げなかったのが残念。

遡行終了してからの最高点の北ノ俣岳では少し青空も見えました。

翌日はサクッと2926mの薬師岳を登頂。

北アルプスの雄大さとまだまだ歩いていない稜線へ思いをはせながら下山。

数年後、薬師峠テント泊で再訪を誓いました。

記:YAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です