赤岳とハロと富士と嫉妬

9月7日(火)久々の晴れ
「このキノコ食えますか?」


「ここ登っていいですか?」  

「ビール飲んでいいですか?」

「赤岳鉱泉寄れますか?」

次々と質問されながら、行者小屋を経由して赤岳山頂を目指す。
森林限界を超えたあたりから、質問は無くなりブハァブハァと鳴き声がする。相棒のAくんは、相当キツイらしい。
空を見上げると太陽を囲む「ハロ」。

雲海から稜線が浮かび上がり、真っ青の空に雪冠し始めた富士がきれいに見えた。


一瞬、Aくんも黙って景色を見ていた…。
時々思う…
計算、打算で生きざるを得ない生活の中で、そのカテゴリーで区分されないAくんは、俺より素直に感動してるんじゃないかと。

記:お遍路さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です