歩き遍路 40日目 四国八十八ヶ所巡りを踏破し高野山へ

1023日(土)40日目 晴れ

極楽橋駅からケーブルに乗り換え、高野山に到着。

改めて、遍路姿である白装束に和袈裟をつけ、奥の院へ赴き、弘法大師を参らせていただいた。
納経所へ行き、最後の納経をお願いすると、差し出した納経帳を見て、「頑張りましたね。おめでとう。」と言ってくれた。
奥の院の参道には、信長も秀吉も明智光秀も伊達政宗もヤクルトも日産も…オールスターのお墓がならんでおり、全てが御神木として一本一本が威圧感を感じる大きな杉が並び、歩いてるだけで心情的に穏やかになる。
そこから、真言宗総本山である「金剛峯寺」を参り、壇上伽藍や女人堂、大門、徳川霊台…と歩き続けた。

高野山には、学校(小学校から大学まで)も警察も消防署も全てがこの中にあり、街全体が弘法大師の世界となっている。
街の至る所に「いのちをいかせ」と、旗があった。
宗教感に触れずに生きてきた自分にとって、今回の旅は本当に大きな刺激となった。

「生かされている」ことに気づけた。

最後に泊まった高野山内のお寺「増福院」の宿坊に泊まらせていただき、朝のお勤めをして今回の旅は終わりました。

結願まで37日、1260km。
足のマメ計7個。
穴あき靴下2足。
体重マイナス2kg。

記:お遍路さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です